■ブログランキングに参加しました!毎回ポチッとご協力頂けたら嬉しいです♪

2013年06月06日

(31)2013.6.2♯2:結局...こんなにいました(泣)

捕まえてみたら…なんてこった...疲れ果てました…



結局、その日の昼過ぎには全員なんとか確保できたのですが…

5匹...この数は全く予想もしていませんでしたし、
完璧に今の私にはキャパオーバーです(汗)
聞いてないよ〜〜〜〜〜(泣)


とにかく、もう引き返せる訳ではないので、
2時からの診察開始時間に間に合うように動物病院へ急行。
ワクチンとノミダニ駆除、弱そうな子には皮下輸液もしてもらいました。
この病院は本当に「超!」がつくほど野良猫に良心的な病院なのですが...
さすが数が数だけに一気に財布が空に...(泣)

ああ、これから一体どうなっちゃうんだ…(泣)

posted by Zippo at 19:31| Comment(0) | 「野良時代」篇 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

(30)2013.6.2♯1:こんなところにも子猫が(汗)

たまたまタイミングが整ってしまったために
母親の茶子さんを先に捕獲してしまいましたが、
代わりに仔猫達には姿を隠されてしまい...非常に焦りました。
もしこのまま姿を現さなければ、
仔猫たちは飢え死にしてしまうかもしれません。
もしくはカラスにやられてしまうかも…心配で仕方ありませんでした。

病院とボランティアさんに相談した結果、
離乳している子ならば大丈夫だから、
母猫は家に入れて、仔猫は「ある方法」で確実に1匹ずつでも捕獲する、
という方向で決まりました。
徹夜をして見張りを続け…
夜が明けて少しウトウトしかけた頃に、
ついに仔猫がやってきました!!
そしてなんとか朝に無事2匹を捕獲できました。

あと1匹か...と思って待つこと数時間…。
ふと、あらぬ場所から音がしました。

それは私がグッタリして頭をもたせかけていた
壁のすぐ裏側からでした。

「…ガリッ…カリカリッ……ズルズルッ…ぼてっ!!!」

え??まさか壁の内側にネズミ?!と思っていると、
足元のほうから

「…みぃぃぃぃぃぃ…」

と、小さく声が聞こえたのです。

慌てて声のした方向を追って、庭に飛び出て見てみると…
なんと!床下の通風孔に2匹がちょこんと座っているではありませんか!!
ちょっとまて!2匹ぃぃぃ〜?!!

ということは仔猫はやっぱり4匹いたの?!(冷汗)

そしてようやく何故そんな場所に居るのかが判明しました。
庭の隅々の、隠れられそうな所をよーく探してみると…
なんと、家の人間の誰ひとりとして知らなかった場所に
何故かちいさい仔猫なら通れるくらいの
ドン詰まりの通路のような構造があり、
その通路の天井部分が見事に空いていた為に
小動物なら縁の下に自由に出入りできるようになっていたのです…。

これはまいった…追って入れる広さではありません。
かといって、通風口の格子は頑丈で、壊すことも出来ません。
仔猫たちが出てくるまで辛抱強く待つしかないのです…。




posted by Zippo at 19:25| Comment(0) | 「野良時代」篇 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

(29)2013.6.1:ついに茶子さんを捕獲...

捕獲後…病院に急行して
ワクチン接種とノミ・ダニ駆除をしてもらい、いよいよ我が家の室内に。
よほどショックが大きかったのか...
数時間もフリーズしたあと、魂が抜けたようになってしまいました。
本当にこれでよかったのかと葛藤が尽きることはありません。

胸が痛みます。


※具体的な捕獲の手段については悪用を避けるため、
 掲載はいたしません。何卒ご了承くださいませ。


posted by Zippo at 19:03| Comment(0) | 「野良時代」篇 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。