■ブログランキングに参加しました!毎回ポチッとご協力頂けたら嬉しいです♪

2013年08月07日

(112)母は強し(^^;

【これまでのおはなし】
■第一章『野良時代』編(1〜31話)
■第二章『家猫修行』編
 ♯1「茶トラ4兄弟の旅立ち」(32〜59話)
 ♯2「ケージ飼育から室内開放へ」(60〜79話)
 ♯3「たびちゃんが家猫になるまで」(80〜93話)
*********************************************************

2013.8.6-chako.jpg
「なにジロジロ見てんのよッ!」

茶子さん、ずいぶん「家」というものに慣れてきたようです。
人が居てもある程度は自由に歩き回るようになってきました。
でも私へのツンツンぶりは相変わらず…(T_T)
ちなみに、茶子さんからこういう扱いを受けるのは我が家で私だけです(苦笑)


さてさて。
普段はあまり「おなか空いた」とは鳴かない猫達なのですが。
成長期のたびちゃん、いつもより早くお腹が空いてしまったようで
私の姿を見るなり「ごはぁぁぁぁぁぁ〜〜〜ん!!!」とねだり始めました。

あらら?もうお腹すいちゃったの〜?
いつもの時間よりかなり早いけど…
わかった、じゃあ美味しいのをあげるから待っててね♪

いそいそと準備を始めるワタシ。
たびちゃんは作業する私の足元でワクワクしながら
「まだぁ〜?まだぁ〜?」と鳴いています。

2013.8.6tabi.jpg
「ごはぁぁぁぁぁぁ〜〜〜〜ん!」

その様子を見ていた茶子さん、
何を思ったか、いきなり
「ウチの子がお腹空いてるって言ってるでしょ!何で早くあげないのよ!」
と烈火のごとくご立腹し始めました(苦笑)
これって…巷で話題のモンスターペアレントじゃ…?(汗)


私の足に向かって「なにグズグズしてんの!早くよこしなさいよ!」と
容赦なく本気ネコパンチを打ち込んできます(汗)
…って、ちょっと茶子さん、それは過保護過ぎじゃないのぉ〜???(^^;

数分後。ようやく準備ができたので置いてあげると…


喜んでササミにむしゃぶりつく娘を満足げに見つめてから、
ちゃんと美味しい食べ物かどうかをチェックして
「よし♪」と気分良さそうにシッポを揺らす茶子さん(^^;
本当は自分も食べたいんでしょうけれど、
先に娘が満足するまで食べさせる姿にはいつも感心させられます。

そして数分後…
ナントたびちゃん、ママの分まで全部食べちゃいました!(爆)
よっぽど美味しかったようです(^^;

人間もネコもやっぱり
『親の心、子知らず』なのは共通のようですねぇ…(苦笑)
娘が食べ終わったのを見計らって食べに来たら
器がカラッポで目を丸くする茶子さん(笑)
「あ、あれ〜?…ないよ?」という顔で私を見上げました。

その顔があまりにも可笑しくて、
つい茶子さんが可愛くなってしまった私は
特別にもう一本ほぐしてあげることに。

mouikkai.jpg
準備ができて、私が器を置こうとすると
今度こそやっと食べれる!とウズウズしながらやってきた茶子さん、
もはやお約束?「遅いのよッ!」と無情なネコパンチを繰り出してきました。
しかし…悪い事は出来ないものです…
「あ〜!また食べれる♪」と間に割って入って来た娘を
間違って殴ってしまいました!(苦笑)


でも元々がヘナチョコな茶子さんのパンチですから
全然平気な顔で「わ〜い♪」と無邪気に食べ始めるたびちゃん(^^;
茶子さんの「あっ……(それは私の…:汗)」という顔が
なんとも笑えました(苦笑)

その後、どうしても諦めきれなかった茶子さん、
たびちゃんに少しだけ待ってもらって
やっと2割くらいは何とか食べれたのでしたが…
結局は欲しがる娘にほとんどをあげてしまい、
自分は仕方なく普通のごはんをカリカリと食べてました…(^^;

と、いうわけで。
ママの分までたいらげて満腹満足♪
おなかいっぱいで眠くなっちゃった「たび」ちゃんなのでした(苦笑)




う〜む…母は強し…(苦笑)
人間でも猫でも、母親って同じなんですねぇ…。






posted by Zippo at 18:39| Comment(0) | TrackBack(0) | 母猫・茶子さん | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/371382694
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。