■ブログランキングに参加しました!毎回ポチッとご協力頂けたら嬉しいです♪

2013年07月24日

(99)突然の邂逅

【これまでのおはなし】
■第一章『野良時代』編(1〜31話)
■第二章『家猫修行』編
 ♯1「茶トラ4兄弟の旅立ち」(32〜59話)
 ♯2「ケージ飼育から室内開放へ」(60〜79話)
 ♯3「たびちゃんが家猫になるまで」(80〜93話)
*********************************************************

猫たちがゴハンを食べ終わったあと。
昨夜は私の帰りが少し遅かったので
あまり遊ぶ時間もとれぬままお終いにしようとしていたのですが…

たびが私の足元でカニカマが欲しいとねだっている所に
なんと、茶子さんがやってきました。
彼女が自分から私に近づいてくるというのは
庭ねこ時代の後期以来、全くなかったことなのです。
しかも、理由は全く分かりませんが
明らかに私に対して好意的な雰囲気…。

なに?どうしたの急に??(汗)
失敗した抱っこ作戦の効果?
それとも刺身効果…??

2013.7.24-chako.jpg

とにかく、
直感的に「もしや!」と思った私は、
庭でやっていた頃と全く同じように棒立ちになり
極力動かないように努めてみました。

その時たまたま、我慢しきれなくなった「たび」が
ジャンプして私の手からカニカマを奪い落としたので、
そのままカニカマをあげるのにも手を伸ばしたりせず、
ただ上から落とすという「野良猫相手」のやりかたにしてみました。



すると…なんと、茶子さんが私に対して
コミュニケーションをしかけてきました!!!!
彼女が家に入ってから初めてのことです!!!(汗)

2013.7.23-chako01.jpg
手でチョンチョン…。これにはビックリでした(汗)



匂いを嗅ぎ、手で触って確かめるというだけの
他人から見ればほんの些細な出来事でしたが…
ずっと茶子さんを見てきた私には、それが彼女にとって
どれほど大きな意味を持つ行動なのか、理解できるのでした。

2013.7.23-chako03.jpg
さらに近くに寄ってきて膝の匂いを嗅ぐ茶子さん。


それはまさに「庭ねこ」時代の後期、
茶子さんが初めて心を開いてくれたシーンの再現でした…

いま、私は大きな手応えを感じています。
このまま、もしかしたら良い方向に行けるかもしれない…と。


そう、
「庭ねこ」のところから、もう一度やり直せばいいんです。
自分から必要以上に近寄らず、干渉せず、
ただ人間は敵じゃないんだということだけを伝えて、
あとは相手が信頼してくれるのをひたすらに待つ…
向こうから近づいてきてくれるのを信じて待つ…

なんだ、自分はずっと「庭」ではそうやっていたじゃないか!
それなのに家に入れてからというもの、
先を急ぐあまりに無闇に近づいてばかりで、
茶子さん自身の意思をすっかり無視していたじゃないか…
そうか…茶子さんが変わる前に、
ニンゲンの態度が変わってしまったということか…
だからきっと…ずっと茶子さんは怖かったんだ、
信じたいのに信じられなかったんだ…

そんなことに改めて気付かされました。

というわけで。
思いきって原点回帰します!!


まあ、ネコは気まぐれですから
気分次第でまた振り回されるんでしょうけどね(^^;








posted by Zippo at 18:23| Comment(2) | 母猫・茶子さん | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
Zippoさんお疲れ様です
お体大丈夫ですか?

茶子さん、とっても懐いてるかんじがしますよ(^^)
うちにいた頃の杏ちゃんなんてもっと警戒してましたから
やっぱり庭猫としてご飯をもらっていた頃からの
絆がちゃんとあるんでしょうね

野良ちゃんの警戒心は仕方のないことかもしれません
私も、杏ちゃんをお世話していた時に
いろんな野良さんとの体験を読みましたが
長い子では、何年も接触できない子もいました
だから、茶子さんがまだまだというのも普通かなと思います

焦る気持ちが出てきちゃうのは仲良くなりたいからなんですよね
その気持もすごくわかります(^^;;
私もそうだったので・・・
そちらでお世話していくと決まったのなら
のんびり仲良くなっていけばいいのかなと思います

二人ともとってもいい顔していますよ(^^)
仲良しで楽しそうです
Posted by がじゅこ at 2013年07月24日 22:38
がじゅこさん>
毎回、温かなお言葉に芯から癒されております、
いつも本当にありがとうございます(^-^)

猫だけじゃなく人間も時間をかけて慣れてきたのでしょうね、
お陰さまで一時期のような激しい疲れ方はしなくなりました♪

何年経っても人に馴れない子は本当に居るようですね…
先日、勉強のために
練馬区の「地域猫活動説明会」に行ってきたのですが、
休憩時間に出会った数人の一般の方々と話をしてみてビックリ!
皆さん、個人的に「去年は14匹保護した」とか普通に仰っていて
自分には到底無理だなぁ〜と思い知らされた次第です(^^;

しかも「どうしても人に慣れないから里子にも出せない」と
仕方なく数匹ずつ屋内野良状態で飼っておられるとか…
そんな方が何人もいました(冷汗)

そう考えると我が家のケースは本当にラッキーでしたし、
改めて、がじゅこさんのやり遂げたことが
どれほど凄い事なのかを思い知らされます。


ちなみに…実は、まだ我が家で2匹を
ずっと飼えることになった訳ではないんですよ〜(苦笑)

実家では相変わらず「たび1匹ならいいけど2匹は…」と
言われておりまして、
「とにかく茶子さんの手術が終わるまでは待って欲しい」と
結論を延ばしている状態です。
なので、ひとつの大きな節目は不妊手術をする8/10ですね…

もちろん、私としてはこのまま何とか延ばしに延ばしていって、
最終的に”なし崩し状態”にもっていくのが真の目的ではあります(笑)

つまるところ…茶子さんの家猫化と同じように、
受け入れる人間の側にも時間が必要なんだと思います。
あんなに猫を毛嫌いしていた実家の母ですら、
最近は毎朝楽しそうに猫たちに声をかけるようになったのですから…
時間とは本当に偉大な薬ですよね(笑)
私自身も少し前までは「手術までに何とかしなくては!」と
焦っていたので気持ちも体も疲れ果ててしまいましたが、
最近ではなんとなく「…なるようになるのではないかな…?」
そんな風に思えるようになってきましたし(^^)

茶子さんの態度の変化も、
もしかしたらそんな私の心境を反映しているのかもしれませんね。

ブログは、茶子さん&たびについての最終結論が出るまでは
なんとか頑張って続けようと思っていますので、
宜しければ、もうしばらくお付き合い頂けたら嬉しいです♪







Posted by Zippo at 2013年07月25日 14:26
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。