■ブログランキングに参加しました!毎回ポチッとご協力頂けたら嬉しいです♪

2013年07月03日

(76-2)2013.7.2:おてんば?臆病?

【これまでのおはなし】

■第一章『野良時代』編(1〜31話)

■第二章『家猫修行』編
 "茶トラ4兄弟の旅立ち"まで(32〜59話)


*************************************************

さて。この日のたびちゃんはといえば…
やっぱり可愛さいっぱい、元気爆発でした!

2013.7.2tabi.jpg

お兄ちゃん達が遊ぶのを
ひとり離れてポツン…と眺めていた
あの頃のたびちゃんは何だったのでしょう(^^;

「ていてい!て〜いっっ!!」と
ソファからソファを飛び跳ねまくり、
ドドドドドー!!という音と共に
部屋を端から端まで駆け抜けてゆく…
そんな元気娘の微笑ましい姿を見れるようになったのは
何よりも嬉しいことです。


茶子さんママもゆっくり落ち着く暇がありません(苦笑)


こういう方法なら怖がらずに遊んでくれるんですけどねぇ(^^;


でもニンゲンの「手」そのものは
やっぱりまだちょっと怖いみたいです(苦笑)


実はそろそろ、
猫たちをケージに閉じ込めておくことに限界を感じています…
自由な時間が夜のたった1〜2時間ではさすがに可哀想。
でも、これまでは私ひとりで全てをこなしてきたので
仕事で居ない間はこうするほかなかったのです…。

もし下手に自由にしてしまえば、
実家の母がうっかりドアや窓を閉め忘れたりして
外に逃がしてしまうかもしれませんし、
扱いかたを知らないままに手を出して
茶子さんに怪我をさせられるかもしれないですから…。

せめて茶子さんがもう少し人慣れするまではと思っていましたが、
特に「たび」はやんちゃ盛りですから
やっぱりできるだけ早く、一日中部屋で自由にさせてあげたい…。
そのためにはまず安全対策と脱走対策をしっかりして、
そして何より、間借りしている実家の説得をしなければなりません…

実家の説得…これが実は一番頭の痛い問題だったりします(T∇T)


posted by Zippo at 15:47| Comment(0) | 最後の仔猫・たび | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。