■ブログランキングに参加しました!毎回ポチッとご協力頂けたら嬉しいです♪

2013年07月01日

(74)2013.6.30:二回目のワクチン接種

いよいよ、久々の正念場がやってきました。

2度めのワクチンを打ってもらうために
「茶子さん」と「たび」を病院に連れてゆかねばならないのです。

IMG_4873.png

たびは全然問題ないのですが、
茶子さんは…やっと今の生活を受け入れつつあるところでしたので、
捕獲した時と同じような恐ろしい目に遭わせてしまうことで
また信頼を失ってしまうのではないか…
また、あの恨みに満ちた瞳を向けられるところまで
逆戻りしてしまうのではないか…と正直とても怖かったのです。

ですが、茶子さんの為には逃げてもいられません。
時間ギリギリまでは踏ん切りがつかずにいたのですが…
思いきって行動することにしました。

意を決し、洗濯ネットを持ってケージに向かいます。



怪我することも覚悟していたのですが、
思いのほか激しい抵抗もなくネットに入れることができて
ひとまずホッ。
でも庭で捕獲した記憶が蘇り、緊張で手が震えていました(苦笑)

※ご注意ください※
 これはケージの中でだからこそ出来ることであり、
 屋外で野良猫を捕獲する為にはこの方法は適しておりません。
 間違いなく、逃げられるか大怪我をしますので
 野良猫相手には決して真似しない
ようお願い致します。
 もし捕獲保護を考えておられる方は、
 お便りを頂ければ効果的な方法をお教え致します。


続いて、たびちゃんを別のキャリーに入れます。
これは非常に簡単(笑)
私はまだ猫用キャリーを持っていないので、
とりあえず、うさぎ用に使っているものを流用です(^^;



ワクチン接種なら予約は要らないと言われていたので、
車で病院近くのコインパーキングまで来てから
一応電話で混み具合を確認したところ…

なんと!よりによってこの日の午後は休診とのこと(汗)
予想外のことで血の気が引きそうになっていると、
「でも、ちょうど今から先生がいらっしゃるので
 ワクチンだけなら大丈夫ですよ♪」と快く受けて下さいました。

うう…ありがとうございます…すみません(感涙)

先生も助手さんも、茶子さんと子猫達のことを
よく覚えていて下さいました。
(5匹もいっぺんに連れていきましたからね:苦笑)
猫たちのその後を気にかけていてくれたようなので
すでに4匹が里親さんの元に迎えられたことを話したところ、
ビックリして、とっても喜んでくださいました(^-^)


というわけで。まずは茶子さんから。
体重を量ると2.84キロ。
「3キロないですよ、小柄なお母さんですね〜!」だそうです。
小柄で細身で小顔で童顔か…
人間ならさぞかしモテる娘なんだろうな(^^;

※以下の動画は音楽が入っております。
 音量を下げめにしてご覧下さい。


そのままサクサクとワクチン接種&爪切りまでしてもらいました。
これで再び「ネコパンチなんて怖くないもんね!」です(笑)
この間、茶子さんは驚くほどいい子にしてくれてビックリ。

お次はたびちゃん。

「あの一番弱かった子ですよね?点滴もしたんだよね〜?
 よかったねぇ〜こんなに大きくなって!!
 体重は…1キロありますよ?
 1キロ越えれば(不妊)手術もできますよ(^^)」

※以下の動画は音楽が入っております。
 音量を下げめにしてご覧下さい。



「可愛い子ですよね〜、ホントに"足袋"ちゃんだね(笑)」

なんて言われながら、
先生も助手さんも、たびの成長を大変喜んでくださいました。
たびちゃん…君の成長を喜んでくれる人がここにもいるんだよ?
特にこの子の場合は、野生では決して生き残れなかったはず。
沢山の心ある人々が支えて下さったからこそ、
今の元気いっぱいなおてんば娘の「たび」になれたのです。
本当に、ありがたくて嬉しいことですね(^-^)

無事にワクチン接種が済み、お礼を告げて病院を後にすると
車の中でいよいよ心配が頭をもたげてきました…
でも、もう「なるようになる」しかありません(^^;

2013.6.30-byouin.jpg
車のなかで不安そうな茶子さん

で…家に戻った茶子さんがどうだったかというと…



なんと!!いつもどおりの茶子さんでした!!(嬉泣)
いつもの生活スペースに戻ってこれたことが大きかったのか、
私があれほど不安に思っていたことは
ひとつも起こりませんでした(嬉泣)

※以下の動画は音楽が入っております。
 音量を下げめにしてご覧下さい。


なんと!手をつなぐこともできましたよ!(^0^)/
動画を撮ろうと、しつこく繰り返していたら
さすがに「いいかげんにして!」と怒られましたが…(苦笑)

病院の先生に、
茶子さんを早く懐かせるにはどうしたらいいか尋ねてみたところ
「嫌がっててもいいから、もうそんなの関係なしに
 ギュ〜ッと抱きしめちゃっていいんですよ!とにかく"愛"です!」
と言われたので、抱っこしてみようと頑張ってみたのですが…
手をつなぐのが精一杯でした〜(^^;ゞ

と…いうわけで。
ドタバタ病院行は何とか無事に幕を下ろしたのでありました(^_^;

posted by Zippo at 19:21| Comment(0) | 母猫・茶子さん | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。