■ブログランキングに参加しました!毎回ポチッとご協力頂けたら嬉しいです♪

2013年06月07日

(35)2013.6.3:信頼を取り戻せるか

お母さん猫の「茶子さん」。
生まれて初めて信頼した人間(私)に裏切られ、
自由な外の生活までも奪われ...
失意のドン底に突き落とされてしまいました...

$庭ねこ。【東京で仔猫の里親募集中です】-茶子さんの朝

この夜、茶子さんに話しかけると、ひとしきり威嚇したあとに
茶子さんはこちらをじっと見据えながら、
なんと目にいっぱいの涙を溜めたのでした。これは本当です。

「...なんでこんな酷いことをするの...?」

そう言っているのが伝わってきました。

それを見た私はかなりのショックを受け、
たとえ言葉が分からなくても、何とか気持ちを伝えようと
1時間に渡って必死に茶子さんに向かって話し続けました。
つらい思いをさせてすまないということ、
茶子さんを嫌いでやった訳じゃないこと、
このまま子供達を外で育てれば、夏の暑さや冬の厳しい寒さ、
そして飢えの苦しさを味わわせることになるんだということ、
人に愛されるようになれれば、何の心配もなく
安心して暮らせるようになるんだということ、
茶子さんも含めてみんなに幸せになって欲しいんだということ、
どうかもう一度だけ人間を信じて欲しい、ということ...
そんなことを話しながら、
いつのまにか私の目にも涙が溢れていました。

ひとしきり話したあと。気付けばいつのまにか
茶子さんの怯えて倒れていた耳が立っていました。
瞳も、これまでのような恨みのこもった眼ではなく、
不思議なものを見るように、少し穏やかな眼差しになっていました。
私は覚悟を決めました。
「怪我したって構わない、好きなだけ怒りをぶちまけさせてやろう...」
私はゆっくりと腕を差し出しました。
案の定、その瞬間、
茶子さんは再び激しい威嚇と渾身のネコパンチの連打!!!

ところが...全然痛くありません。皮膚に穴ひとつ開かないのです。
なんと、病院で「爪切り」してもらったお陰で
攻撃力が完全にゼロになっていたのでした…(^^;

病院の先生は
「爪切りしたからといって怪我しない訳じゃないですよ?
 大怪我が"小怪我"になるだけ」と言っていましたが...
元々が非力でネズミすら狩れそうにない茶子さんですから、
ついに怪我すらしなくなってしまったのでした(苦笑)

そのあと、無敵状態の私に驚いてフリーズする茶子さんを
私が撫でまくったのは言うまでもありません...(苦笑)
そこまでしても決して噛み付いてはこないのが
また茶子さんの愛すべきところだったりします。



この子はきっと人間と仲良くなれる...
人に愛され、人を愛せる家猫になれる子だと思います。

まずは敵じゃないと分かってもらうところから再スタート。


posted by Zippo at 18:52| Comment(2) | 母猫・茶子さん | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
■無題
きっと、お気持ちは伝わっていると思います。
確かに、今までのような自由は無くなってしまったけれど。
でも、子供たちにとって そこが安心して暮らせる場所だって 茶子さんにもわかる筈です。
それに、一時は『裏切られた!』って感じたかもしれないけれど、Zippoさんの声の感じや撫でてくれる手の優しさは、変わっていなのですから、『酷い事する人間』とは思っていないと思います。

爪を切っても、敵意があったり、本気出せば結構な切り傷になります。
そうならなかったという事は、茶子さんのとまどいや、不安な気持ちを伝えたかったのだと思いますよ。まぁ、ちょっとした八つ当たりみたいな物だと思います(^w^)
Posted by *haruka* at 2013年06月07日 19:23
■Re:無題
>*haruka*さん
ありがとうございます!そう信じて頑張ります!!(T-T)
まだUPだけして公開してない動画なんですが、昨夜、茶子さんが指の匂いを嗅いで大人しくしてくれたんです!
今日はブログの連続更新が忙しくて公開できませんでしたが、今夜時間がとれたらUPしますので見てやって下さいませ♪
Posted by Zippo at 2013年06月07日 20:50
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。