■ブログランキングに参加しました!毎回ポチッとご協力頂けたら嬉しいです♪

2013年08月01日

(108)手術翌朝の様子

【これまでのおはなし】
■第一章『野良時代』編(1〜31話)
■第二章『家猫修行』編
 ♯1「茶トラ4兄弟の旅立ち」(32〜59話)
 ♯2「ケージ飼育から室内開放へ」(60〜79話)
 ♯3「たびちゃんが家猫になるまで」(80〜93話)
*********************************************************

2013.8.1chako01.jpg

ひと晩あけて、茶子さんはようやく落ち着きを取り戻したのか
いつもの部屋の、定位置であるテーブルの下に戻ってきて
ゴロンとくつろぎ始めてくれました。


首輪が回っちゃってますが…まぁいいか(^^;
手術後のどさくさで首輪を付けたのが幸いしたのか、
違和感を感じて嫌がったりすることもないようですv(^_-)☆

kizuguchi.jpg
手術跡が初めて見えました…ちょっと痛々しいですけれど、
茶子さん自身は全く気にしてはいない様子なので
少しホッとしました。
たびもお乳に吸い付いて来ないようなので、大丈夫でしょうp(^_^)q

尚、書き忘れていましたが…
今回、茶子さんの受けた不妊手術は
「卵巣摘出術」です。子宮までは取っていません。
なので入院せず日帰りできましたし、傷も小さくて済みました。
子宮まで摘出した方が癌などになる確率は減るでしょうが、
そのぶん手術による体へのリスクが大きくなるので
発情・妊娠させない為だけなら卵巣だけでも充分だと思っています。


一方、たびちゃんは今日も「カニカマ大好きムスメ」です(笑)
ママのことも大好きだけど、カニカマの方がもっと好きらしく…(^^;
袋の音がした瞬間にママの元から飛び出してきて、
今日もお得意のキティボイスでおねだり攻撃!


感動するほど美味しいのか、モグモグしながら何か喋ってます(^^;


ああ、なんか平和…
このまま、この穏やかな時間が続きますように!(苦笑)










posted by Zippo at 15:27| Comment(0) | 母猫・茶子さん | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

(107)茶子さん、不妊手術が無事おわりました。

茶子さんのことを心配して応援下さった皆様、
ありがとうございました!!
お陰様で無事に手術は完了し、夜8時過ぎに帰宅いたしました!

…って、あれ?!やっと記事をUPしたら日付が変わってるじゃありませんか(汗)
ヤキモキしながら待って下さった方、遅くなってすみません!!!


引き取り時の光景。無事に帰ってきてくれました。

帰り際、助手さんが「茶子ちゃん美人さんですよね〜」
なんて言って下さって、それがめっちゃ嬉しかった〜!です(*^∇^*)
茶子さんの良さを分かってもらえる人がいると、無性に嬉しくなります。


幸いなことに、
猫白血病ウイルス(FeLV)と
猫免疫不全ウイルス(FIV)の検査は
両方とも陰性でした!!(*^∇^)/゚・:*

image-20130801001026.png

つまり、茶子さんの子供たちも安心ということになりますね♪
ホントによかったぁ〜!!!

手術のついでに、麻酔が効いているうちに
もし危険でなければ…とお願いして、
用意しておいた首輪もつけて頂きました。

kubiwa.jpg
見た目は革っぽいですが軽くてフワフワの柔らかい素材。
もちろん安全首輪です。
「カワイイ」というよりは「美猫」な茶子さんなので、
ちょっと大人っぽい色気のあるほうが似合うかな?と選びました。
このお店でゲット。

rocket.jpg
ペンダント部分はロケットになっています。
もし万一、茶子さんが外に逃げてしまった場合のために
連絡先を印刷したものを貼り付けておきました。

手術をさせて、首輪をつけて。
やっとここまで辿りつけました…

茶子さんにとっては災難でしかないでしょうし
あくまで人間側のエゴではありますが…
庭での餌やりから始まり、
捕獲、保護、家猫修行とひとつひとつ乗り越えてきて
ようやくここで私の中でも一区切りというか、
これで茶子さんは「野良猫」の世界とはサヨナラできたんだな…
という実感を持てそうな気がしています。


無事に帰宅後、馴染んだいつもの部屋で
キャリーを開けてあげました。
尚、病院の先生と相談したところ、
たびと一緒にしておいても全く問題ないということでしたので
ケージに閉じ込めるのはやめておきました。

たびちゃん、すぐにママの元に駆け寄るのかと思ったら
しばらく気付かずにキッチンの椅子で悠々自適に寝てました(^^;
仕方なくカニカマの袋の音を聞かせると飛んできたので
ようやく茶子さんとご対面。
キャリーについた病院の匂いと、
ママの普通ではない様子に何かを感じたのか
なかなか寄っていきませんでしたが…


麻酔のせいでヨロヨロしていましたが、自分から出てきました。


その後、まだ麻酔の残る覚束ない足取りなのに
キッチンまで移動して、フローリングの上でジッとし始めた茶子さん。

お腹が熱を持っているから絨毯よりも楽なのでしょうか…
とりあえず今夜は好きにさせてあげようと思います。
今日はホントによく頑張ったね、茶子さん。
いっぱい怖い思いをさせてしまってゴメンね…(T_T)
ゆっくり休んで早く元気になってください。

image-20130801001051.png

私に対してはやはり物凄く怯えていますが、それは想定の範囲内(苦笑)
再び時間をかけて、ゆっくりゆっくり、仲良くなりたいと思います。



さておき。
ママが居なかった間のたびちゃんはというと、
鳴いてママを探しまくるのかと思いきや…


全然!!(笑)思いっっっきりくつろいでました〜(^^;
この子はもう完璧に「家ねこ」なんですねぇ…。


と、いうわけで。今日は本当に疲れました…(苦笑)
でも、とにかく茶子さんが無事に帰ってきてくれてよかった!!
病院の先生方、本当にありがとうございました!!
そして…心配して応援して下さった、これを読んで下さっている皆様!
本当に本当に、ありがとうございました!!!!

茶子さんの家猫修行物語は、もう少し続きますので
どうか引き続き応援のほど、よろしくお願い致します!(^-^)/




posted by Zippo at 00:09| Comment(3) | 母猫・茶子さん | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。