■ブログランキングに参加しました!毎回ポチッとご協力頂けたら嬉しいです♪

2013年08月27日

全話もくじ&続編ブログ『家ねこ。』スタートのおしらせ

皆さん、これまで応援ありがとうございました!!!
このブログは、もしかしたら私と同じことにチャレンジしようとしている
何処かの誰かのお役に立てるかもしれない…との思いから、
当分このまま置いておきたいと考えております。

と、いうわけで。
これから初めて訪れて下さる方の為に、
このブログ『庭ねこ。』全話の目次を作っておきました。

そして…後半では続編ブログもご紹介!!
是非、その後の「茶子さん&たび」に会いにきてあげてください♪


 どうか1匹でも多くの野良猫が、
 幸せな家猫になってくれますように…。


**********************************************

『庭ねこ。』
〜野良猫一家が幸せな家猫になるまでの126日〜

iphone/image-20130906003237.png

【全124話もくじ】
■第一章『野良時代』編(1〜31話)
■第二章『家猫修行』編
 ♯1「茶トラ4兄弟の旅立ち」(32〜59話)
 ♯2「ケージ飼育から室内開放へ」(60〜79話)
 ♯3「たびちゃんが家猫になるまで」(80〜93話)
 ♯4「茶子さんの家猫修行〜不妊手術」(94〜109話)
 ♯5「野良猫一家が幸せな家猫になりました!」(110〜最終話)

**********************************************


"野良猫一家"としての物語は、無事に終わりを告げました。
これからは「家ねこ」としての、終わらない物語が紡がれてゆくのです…


茶子さん&たび、そして兄弟猫たちのこれからのお話は…

★続編ブログ『家ねこ。』へGO!!

家ねこTOP-small.jpg


色々考えましたが…第1章で使っていたアメブロを、
ちょっとだけ化粧直ししてそのまま使うことにしました!(苦笑)

ではでは!これからはブログ「家ねこ。」でお会いしましょう!
今後とも、茶子さん一家をどうぞ宜しくお願い致します!(^-^)/〜


   『庭ねこ。』管理人Zippo



posted by Zippo at 18:35| Comment(2) | ★もくじ【オススメ!】 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年08月23日

【最終回】みんな幸せな家猫になりました!!

niwaneko-end.jpg

のべ126日…約4か月に渡った
「庭ねこ。」たちの物語が
ようやく今日で終わりを告げます。


2013年4月18日の朝…私が出会った野良猫の赤ちゃん達。
ここから全ては始まりました。

saishyo.jpg

母猫と子供たちは一度姿を消したあと、
数日後に戻ってきて我が家の庭の端…
外壁と塀の僅かな隙間にある茂みに巣を作りました。

su-2.jpg

我が家に巣を構えた以上は仔猫の命がどうにも心配になるし、
そう思うと、どうしても痩せた母猫をほっとけなくて…

oya.jpg
散々悩んだ末に、保護・手術・里親探しの3つを固く心に誓って
餌をあげ始めたのでした。

chakosan01.jpg
母猫には、あまり感情移入し過ぎないようにするために
茶色の子→「茶子さん」という安直な名前をあえて付けました(^^;

それからが本当に大変でした…
全く人馴れしていない生粋の野良猫を相手に
文字通り身体を張って、
1か月半という時間をかけて少しずつ、少しずつ築いた信頼関係。

chako-5-22.jpg

okoruneko.jpg

そして気がつけば
すっかり感情移入しまくりになっていた私(苦笑)
「どんなに困難だろうと、絶対に幸せにしてみせる!」
家族の猛反対の中、半ば意地ともいえる情熱の全てを注いたものでした。

2013.5.19-punch.jpg
その割には…こんなことや、

sasaru.jpg
こんなことばっかりだったなぁ…(苦笑)

それでも徐々に信頼してくれるようになって、
家の中に興味を示してくれたときは本当に嬉しかった。
「この子はきっと家猫になれる!」そう思ったものでした。

ienihairu.jpg

そして…ついに茶子さんが
命懸けで守ってきた大切な子猫たちを
私の前に連れてきてくれたんです。

※動画は音楽と字幕付き(iPhoneは字幕表示不可)

実は長いこと3匹しかいないと思っていました(^^;


きっと茶子さんにとって、
私は生まれて初めて信じた「ニンゲン」だったんだと思います。

その信頼を裏切ってまで捕獲しなければならなかった事は
本当に胸が痛んだものでした…

hokaku.jpg
捕獲直後の茶子さん。

でも、仔猫たちの未来の為には前に進むしかありません。
母猫を先に捕えてしまった為、子供達の健康が心配だったので
一睡もせずに翌朝までかかってやっと全員を捕まえました。

ですが、いざ捕まえてみたら5匹もいて…
予想外のキャパオーバーで泣きそうになりました(苦笑)

※動画は音楽と字幕付き(iPhoneは字幕表示不可)


※以下はオリジナル音声


でも、やっぱり仔猫って最高に可愛いんですよね…(^^;
精神的にも肉体的にもホントに大変な時期でしたが、
そのぶん幸せなひとときを過ごさせて頂きました♪






その仔猫たちが…
素敵な里親さん達に家族として迎えていただき、
こんなに幸せいっぱいの「家ねこ」に育ってくれました!!



ではでは、「庭ねこ」たちの幸福な結末をご覧ください♪


<現在の仔猫たち>
■里親KOさん宅の銀さん&チビちゃん
gin.jpg
長男の銀さん。元々兄弟いち体が大きくガッシリしていましたが、
非常に男らしく勇壮な姿に成長してくれました!
手も大きくて、どこかライオンのような雰囲気がありますね。
でも性格は優しくてさびしがり屋で甘えん坊!であると同時に
面倒見の良い頼もしいお兄ちゃんなんだそうです(^^)

こうして見ると…銀さんは兄弟の中で一番、母親似なんですね!
sokkuri.jpg
並べてみると目や口元、アゴなどの特徴が本当にソックリです。
一番ママっ子だったのも頷けますね(^^)


chibi.jpg
次男のチビちゃん。スッと涼やかな顔立ちには面影がしっかりありますね!
クールなイケメン君になってくれたようで嬉しいです♪
性格も、お顔どおりに涼やかであると同時に、
やんちゃでイタズラっ子でもあるんだとか(笑)
お兄ちゃんの銀さんと、ずっと仲良く生きていってくれることでしょう(^^)


■里親NAさん宅のココちゃん
coco.jpg
三男のココちゃん。中性的というか、非常にバランスのとれた綺麗な顔立ちはさすが!
子猫の頃からの可愛い面立ちが殆ど変わってないんですねぇ、ビックリです。
心の優しい子で、兄弟の中でも色々な意味でバランスのとれた優等生的な子でした。
今では家じゅうの高いところが大好きな、やんちゃ盛り君だそうです(^^)


■里親KAさん宅のマロンくん
maron001.jpg
四男のマロンくん。兄弟いち大きな目と、小さくて逆三角形の顔立ちは今もそのまま♪
この子は本当にやんちゃ&人懐っこい性格で、当時から全然ジッとしていなかったので
今回もブレていない写真を探すのが大変でした(笑)
今も性格は全然変わっていないそうで、やんちゃっぷりは大変なものだそうです(^^;
でも、たびちゃんはマロン君と遊んだお陰で人慣れできたんです。感謝してます!!


■Zippo宅のたびちゃん
tabi-001.jpg
そして、末っ子にして紅一点の女の子、我が家のたびちゃん。
最初は本当に消えてしまいそうに弱々しくて、
この子は生き延びれるのだろうかと心配したものでしたが…
すっかり愛嬌たっぷりの、癒し系おてんば娘に育ってくれました♪
トレードマークの白い靴とスタイ(よだれかけ)は今も健在です!

巣立った順にご紹介しましたが、
身体の大きさも、並べた順番どおりなんですよ…。
ちゃんと長男から順番通りに巣立っていったのが
今にして思えば本当に不思議です…。

里親になって下さった皆様!
本当にありがとうございました!!
どうか家族の一員として、
末永く幸せにしてやってくださいませ!





そして最後に…決して忘れてはいけない
この物語の主人公がいます。

天地がひっくり返るような環境の変化にも耐え抜き、
全てを捧げて細身の身体で5匹の子供たちを立派に育てあげた…
そう、母猫「茶子さん」です。

niwaneko-chako02.jpg
野良猫だった頃はこんな姿でしたが…

2013.8.4-bineko.jpg
こんなに垢抜けました(汗)

仔猫たちは、みんな幸せな家猫になれました。
では…果たして、
茶子さん自身はどうなのでしょうか…

その答えとして、
さきほど撮れたばかりの最新動画で
この物語を締めくくりたいと思います。

では、これがブログ『庭ねこ。』のエピローグです、
どうぞご覧ください(^-^)
私は最後にこれを皆さんにお見せできたことを誇りに思います♪


普通の猫にとっては何でもない当たり前のことなのですが…
これまでの茶子さんを見守って下さった方には、
この動画の行動や表情がどれほど凄いことなのかをご理解頂けると思います。


この子たちが幸福な家猫になれたのは、
決して私ひとりの力なんかではありません。
私ひとりの力など本当にちっぽけで頼りなく、
悩んだり苦しんだり、もう無理だと絶望してしまいそうになることが
本当に何度も何度もありました。
そんなときに支えて下さったのが、
ここに来て下さった皆さんの存在だったのです…。

仔猫を家族に迎えて下さった里親さんはもちろんのこと、
顔も見えない私のような赤の他人に対して
我が事のように親身にアドバイスを下さった方や
画面の向こうで見守って下さった方たちが居て下さいました。
そんな、多くの方々の助けがなければ
とても辿りつける場所ではありませんでした…。

感謝の気持ちを言葉で言い表しきれるものではありませんが、
せめて、ここにお世話になった方々のお名前をクレジットさせてください。


<支えて下さった皆様>

【里親の皆様】※イニシャルのみ
KO 様(銀さん・チビちゃんの里親さん)
NA 様(ココちゃんの里親さん)
KA 様(マロン君の里親さん)

【地域猫ボランティアの皆様】
石神井猫 様
ねりまねこ 様
ねこけん 様
ポタリングキャット 様

【動物病院の皆様】
ハナ動物病院 様
南池袋動物病院 様
きたぞの動物病院 様

【個人の皆様】※投稿順
がじゅこ 様
*haruka* 様
natsuki 様(現・マロン君の里親さん)
あ〜にゃん 様
ririnne 様
kiki 様
空にゃんこ 様
なおこ 様
るんママ 様

そして…
茶子さんと仔猫たちのことを気にして下さっていた皆様、
このブログに貴重なお時間を割いて、
わざわざ見に来て下さった全ての皆様!


皆さんのおかげで、
この猫一家は本当に
「しあわせな家猫」になれました!!

皆さんひとりひとりの温かいお気持ちが、
この子たちに奇跡を起こしてくださったのです!!!


応援、本当にありがとうございました!!!!!



大変だったけど、頑張ってよかったぁ〜!(感涙)


   =「庭ねこ。」完 =




<おしらせ>
これからの茶子さんと子供たちの様子は、
引き続き『家ねこ。』というブログでご紹介してゆく予定です。
開設でき次第、当ブログにてお知らせ致しますので
よろしければお気軽に遊びにきてやって下さいませ♪


よかったら最後にポチッとお願いします♪
banner.gif







posted by Zippo at 06:19| Comment(10) | 仔猫たちのその後 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年08月22日

(123)最終回、ただいま執筆中(汗)

今日にかぎってバタバタしてしまい、
予定していた時間にUPできなかったので
とりあえず、今日の茶子さん&たびの動画をお届けします!

最終回は深夜にUP予定!…できるかな(^^;





どうかもうしばらくお待ち下さいませ!m(_ _)m




posted by Zippo at 21:22| Comment(0) | 最後の仔猫・たび | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年08月21日

(122)「またあした」というシアワセ。

【これまでのおはなし】
■第一章『野良時代』編(1〜31話)
■第二章『家猫修行』編
 ♯1「茶トラ4兄弟の旅立ち」(32〜59話)
 ♯2「ケージ飼育から室内開放へ」(60〜79話)
 ♯3「たびちゃんが家猫になるまで」(80〜93話)
 ♯4「茶子さんの家猫修行〜不妊手術」(94〜109話)
*********************************************************

2013.8.21-tabi02.jpg
「かにかまぁぁぁぁ〜〜〜〜」


ネタになるような出来事も少なくなってきて、
平凡で穏やかな1日が流れるようになってきました。
怒濤のようなこの数ヶ月間を思えば、不思議な感じがしています。
まるでずっと前からこうだったような…。



「家ねこ」たびちゃんは毎日元気いっぱいです♪
カニカマと猫じゃらしとナデナデが大好き!
パッと見はか弱く見えますが、かなりのおてんばさんなのです(^.^;)


猫じゃらし大好き!!
やっぱりママ相手じゃ物足りないのか、動画では撮れないほど激しく走り回り、
息があがって足腰が立たなくなるまで遊びたがります(苦笑)
遊んで欲しいときはモジモジしながら
猫じゃらしのところで可愛く待っているので断れないんですけどね…(^^;ゞ


そして遊んだあとのナデナデも大好き!
撫でて欲しくなると、何故か私の背後に回り込み、
ゴロンして待っていたりするので「たまらん!」なのです(*^-^*)
おなかを撫でると何故か必ずズズズ…と上に這っていきます(笑)


まさに天真爛漫ムスメ!のたびちゃんに対して、
茶子さんママは本当に献身的な優しいお母さんです。
時には過保護なくらいに世話を焼いてしまいますが(笑)
親として、諭すべきところはしっかり諭していたりもして。


茶子さんの不妊手術後から
回復の為にと夜は猫缶を副食にあげるのが習慣付いていましたが、
もう傷も大丈夫そうなので「猫缶は週末だけ」と決め
この日はカリカリだけの晩ごはんでした。
「ねこかん〜!ちょ〜だいぃぃ〜!」とねだるたびちゃんに
「ほら、ゴハンあるでしょ?贅沢言わないでちゃんと食べましょう?」
と、自ら手本を見せた茶子さん。
こうした「母の姿」は驚くほどニンゲンの親と同じで、しばしば驚かされます。

2013.8.21-chako.jpg
私がこんなにも茶子さんに惚れ込んでしまう理由は、
ただ可愛いからだけではなく…とても猫とは思えないモラリストな一面や
こうした「生真面目さ」「不器用さ」という奥行きがあるからなんです(^-^)
ツンツンばかりじゃなく、いつかデレデレもして欲しいなぁ〜(苦笑)


こうやって「いつか…」と言えるのって、
このまま平凡な日常が続いてゆけると思えるからこそ、なんですよね。
そう、今の茶子さんとたびちゃんには、
ちゃんと優しくて平和な「明日」が待っていてくれるんですから。
明日になれば、そのまた明日がちゃんとやってくる…。
そうやって穏やかに日々を続けていけることが、
きっと「しあわせ」ということなのでしょう。

毎晩、ドアを閉めながら私は猫たちにこう言います。
「おやすみ、また明日ね。」

そして毎朝、ドアを開けると決まって
たびちゃんが駆け寄ってきては
「ごはん〜〜〜〜!」とねだられるのです(笑)



この子たちの「またあした」…必ず、守り抜いてみせます。



いよいよ!!次回は『最終回』!!
ついにこの時が訪れました…。
「庭ねこ」たちのエピローグ、
どうか見届けてあげてください!!







posted by Zippo at 17:22| Comment(0) | 最後の仔猫・たび | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【番外編】もしや…たびの兄弟?!(汗)

文字ばかりの記事なので、
ぜんぜん面白くないですがごめんなさいm(_ _)m

昨夜、仕事が終わって家路を急いでいると
家のすぐ近くのところで、
たびの「あん…」という声が聞こえました。
気のせいかと思って見回してみると…
2メートルほど脇の路上で茶トラの幼猫がひとり、
しっかりと私のことを見据えて鳴いているのでした。
「あ、あーん…」
たびと驚くほどソックリな声と鳴き方です。
私がゆっくりとiPhoneを出して撮ろうとすると
その子はピューッと逃げていってしまいました。

目に焼き付いたその子の姿は…気のせいでしょうか、
茶子さんの子供達とよく似ていたような…気がしました。

その子の身体は、たびよりもふた回りほど大きかったのですが
たびは女の子ですし、か細い体格ですから比較にはなりません。
むしろ、たびのお兄ちゃん達とはちょうど同じくらいの大きさなんじゃないか…?
どうもそんな気がしてきて仕方ないのです。

もし…仔猫を全員保護できたと思ったあの日…
私の知らないところに仔猫が1匹、まだ外に残っていたとしたら…???
そう思ったら背筋が凍り付きました。

koneko-02.jpg
もしも、あのときこの子達のほかに
1匹だけが取り残されて、
この子たちは愛情をたっぷり受けて幸せな家猫になった一方で
ひとりだけ孤独な過酷な野良猫になっていたとしたら…
なんという運命の皮肉なのでしょうか…。
だとすれば責任を感じずにはいられません。


でも。仮にそうだったとしても、
今の私にはもう、再びゼロから捕獲保護をして家猫修行をさせ、
里親探しまでしてあげられるような気力も体力も残ってはいませんし、
やっとのことで両親を説得して2匹を家族にできたばかりの状況ですから
これ以上の保護が不可能なことは火を見るより明らかです。
残念ですが…今の私にはどうすることもできません…。

しかし逆を考えれば…私が捕獲し損ねた子がいたとして、
いくら離乳していたからといっても離乳直後の子猫がたったひとりで、
今日までしっかりと生き延びて成長できるものでしょうか…???
それに、私自身も他に捕まえ損ねた子がいないか、
充分に注意していたはずです…
だから、やっぱり全然関係ない子かもしれないし、
茶子さんがこのあたりで生まれ育ったならば
茶子さんの兄弟の子、ということだってありえるかもれない…。

今のところ、真実は霧の中です。
そうはいっても、
このタイミングで茶トラの幼ない野良猫が1匹、家の近くにいる…
そのことに、やっぱり私は動揺せずにはいられなかったりします…。



尚、この幼猫については、新しい情報が入りましたら
続編ブログ『家ねこ』でレポートしてゆきたいと思います。



posted by Zippo at 12:00| Comment(0) | ほかの野良猫たち | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。